皆さんおはようございます。

いつも家電小僧にお越しいただきありがとうございます。

皆さんは身近なもので、一枚のDVDに何話もドラマやアニメが入っているものをご覧になった事はありませんか?

前回お話しましたように、一枚のDVDに標準画質ではおよそ一時間ぐらいしか記録する事はできません。

つまり単位は違ってもビデオの時と同じく標準画質では一時間程度しか入らないのです。

しかしビデオでは三倍モードや長時間モードで画質を落として三時間ほど記録ができましたよね。

パソコンの場合だと長時間モードというより変換、圧縮という類の言葉になり、それぞれソフトを利用して容量を増やします。

無料ソフトで使いやすいものはたくさんありますし、周辺機器のお話をした際のテレビチューナーには基本的に編集ソフトがついていますので、そちらを利用されると安心でしょう。

圧縮というのはデータを小さくして、たくさん入るようにする事で、おにぎりを想像されると分かりやすいですよ。

見かけは小さい(容量)ですが、中身はしっかり入っていますよね。

次回はパソコンの基本的なソフトについてお話します。

本日も家電小僧にお越しいただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

おすすめの記事