皆さんおはようございます。

いつも家電小僧にお越しいただきありがとうございます。

始めにお断りしますが、ブログ上では色々問題があるため、接客内容に関して○○や曖昧な表現がありますことをご了承ください。

本日はお客様に対して売りのトーク・攻めのアプローチを実践したいと思います。

前回はパソコンを売り逃し携帯を案内する羽目になりましたが気を取り直していざ接客!

「いらっしゃいませ!何かお手伝いできることはありませんか?」……「BTOパソコンですか。それでしたら、エプソンなどいかがですか?」……「ハイ、顧客満足度が常に高くアフターサービスもしっかりしていますよ」……「デスクトップのラインナップではマウスコンピューターなどもお勧めです」……「そうですか、株の取引などもよくされるんですね。それでしたらこちらのモデルなどは、株取引に必要な○○も実現しやすいですからお勧めですよ」……「そうですね、○○も幾つか必要ですから、そちらもよろしければご案内さしあげましょうか。」……「そうですね、色々な種類がありますが、こちらとこちら辺りはお求めやすいですし、ノングレアで扱いやすいですよ」……「そうですね、こちらとこちらでしたらこのぐらいになりますが」……「上の者に確認して参りますので少々お待ちください」……「お待たせ致しました、こちらになりますがいかがでしょう」……「ハイ、わかりました。○○と○○がお勧めですから、それぞれのパンフレットも入れておきますので併せて検討されてみてください」

と再びお客様を逃してしまいました…。

では即決に近づく為にはどこに力を入れるべきだったのでしょう。

幾つか場面ごとにセリフを変えて提案してみますので参考にされてみてください。

「BTOパソコンでお探しでしたら今は○○がお勧めです!最低限のソフトはプリインストールされていて、ハイエンドタイプの○○搭載で○○もついて、このお値段になりますよ。」

「ノングレアタイプでしたら○○と○○がありますが、こちらは今でしたら残り二台ありますし○○でお求めいただけます。以前でしたら三菱もよくでていましたが今はお隣の韓国が元気ですからね!」

いかがでしょうか、先ほどとどの辺りが違うかを考えてご自身の接客にお役立ていただけたら幸いです。

本日も家電小僧にお越しいただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

おすすめの記事