新型コロナウイルスが猛威を奮っています。

感染拡大も歯止めが効かず各地でさまざまな憶測やデマが飛び交っています。

マスクについては、家電メーカなども協力し増産されている状態でも本当に必要な方々、医療機関や介護施設などに優先的に届けられるため一般市民に供給されるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

市場に一部並べられたら買い占め、ネットでは転売や悪質販売がまかり通っていた状態が続いたため、

今は市場に出すことは慎重にならざるをえないメーカーが多数あるとのことです。

そんな中でもマスクを手作りしたり、ウイルスガードのような危険も伴うウイルス対策グッズを活用したり、

人々は出来得る限りの対策を練っています。

そこで本日は新型コロナウイルス対策に限らず感染症にも有効であると言われる気候や温度、食生活から免疫力に関することまで考察していきたいと思います。

新型コロナウイルスが終息するのは夏だという話

事前に申し上げておきますが正式な発表でも公的機関の見解でもないので、あくまで情報としてお聞きください。

ズバリ現在有識者の間で囁かれているのは5月下旬~6月初旬ではないかということです。

以前の見解では従来のインフルエンザと違い、気温が上昇したからといって落ち着くというタイプではないとも伺っていましたが、どうやら気温や湿度も関係しているとの見解が浮上してまいりました。

気温が夏場のように上がり湿度も高まってくると新型コロナといえど活動が抑制されるそうです。

他にも紫外線に弱く強い日差しに耐え得るほどの耐性もないとの声も聞きます。

だとすれば・・換気が一つの対策として実施されている企業も多々あるかと思いますが、換気をした後は一定の温度と湿度を保つという事が必要なのです。

マスク以外に食べ物や飲み物で効果的なものは無いのか

皆さんは聞いたことがありますか?

中国で昔から風邪や倦怠感に効くとされ常備薬のように各家庭に用意されている飲み物があることを。

それは、こちらのお茶で、板藍根茶(ばんらんこんちゃ)というものです。

古来中国では常備茶として家庭にあったものらしいのですが、まだ日本では馴染みの少ない方が多いのではないでしょうか。

そういうこともあってか、日本の方々には、こちらは風邪の初期症状が出た頃に飲むのが適切ですから麦茶や烏龍茶のように日頃から頻繁に飲むのは避けてくださいということです。

漢方ということは、お茶というよりは薬の色合いが強いものですから。

こちらも諸説あり大して効かないとされる方や今こそ見直されるべきだと効能に期待される方も増えているのも事実です。

こちらも一つの対策として覚えておいても良いのではないでしょうか。

こちら以外でも取り扱いはあると思いますので市場から無くならないうちに検討されては如何でしょう。



免疫力って聞くけど免疫力さえ高ければ新型コロナウイルス相手でも負けない

こう書くと大袈裟ですが人が本来持っている免疫力が最大限に効果を発揮すれば、かなりの害悪からご自身の体を守ることは可能という意味です。

もし新型コロナにかかってしまったとしても重症化を防ぐ事ができなければ命の危険にさらされますから。

免疫力を高めるために普段から私が気をつけていること、もしくは実行していることをこちらにまとめます。

1.快眠 とにかく睡眠は何より大切です、ご自身に必要な睡眠時間は削らずしっかりとりましょう。

2.快食 食事は添加物が極力少ないものを選んで食べます、原材料表記の内容が少ないものを選びましょう。

3.快便 お通じが滞ると不調をきたしますので、食物繊維や野菜を摂取することを意識してください。

4.快活 ご自身の気分転換をはかる時間を無理にでもつくってください、過度のストレス蓄積は禁物です。

5.快飲 一度にではなくこまめな水分補給を心がけてください、血流が滞ることは病の始まりですから。

以上家電小僧から皆さんへウイルスに負けないようメッセージを送りました。

この苦しい局面をみんなで乗り越えていきましょう!

おすすめの記事