元々ヨーロッパ発祥で一説には、秋の豊作を祝い邪気や悪霊を追い払う宗教的な儀式が起源とも言われています。

古代ケルトの宗教であるドルイド教では一年を二つに分けて定義し、昼の長い時季を春と夏、昼の短い時季を秋と冬として、一年の終わりが10月31日とされていました。

そこで日本で言うお盆のように亡くなった方々が訪ねてくる10月31日の夜に死者の祭りを催すようになったということです。

中世では各家庭などに精霊の衣装を纏った子供たちが行き、歌や躍りを披露する代わりに食べ物や飲み物をもらう習わしがある地域も存在しました。

日本でも10月は出雲大社に全ての神様が集う月となっていますから、世界でも日本でも10月は特別な月だったようです。

本来死者のための祭りだったハロウィンは、アメリカに伝わった際に意味合いを大きく変えていきます。

アメリカで一般的な行事となった頃にはこの死者の祭りの際に精霊や悪霊も混じって訪ねてくると信じられていて、それを防ぐ意味で仮装をするようになりました。

仮装をすることで、悪霊たちが仲間と思ったり、もしくは逆にこの世界は恐ろしいものがたくさんいると恐れをなして逃げることを期待しました。

本来ケルト民族の死者のための祭りだった風習が後にケルトを侵略したカトリック系により受け継がれ現在ではキリスト教のお祭りと受け取られることもあります。

ハロウィンという言葉の由来は、このキリスト教の聖者の日である11月1日を万聖節ということから、その前夜All Hallow EveからなまってHalloweenとなったという説や神聖な=hallow+夜=eveningでHalloweenとなったという説もあります。

「 Trick or Treat! 」と子供たちが各家庭を周りお菓子をくれなきゃ悪戯するぞと騒ぐこの仕草は悪い精霊や悪霊がハロウィンの夜に口走っていた言葉で、これを落ち着かせるために食べ物などを与えてなだめていたのです。

ジャックオランタンという、ハロウィンでお馴染みのカボチャ形ランタン、悪魔から身を守るためとか、亡くなった方がランタンの灯りを頼りに訪ねてくるという意味もあります。

こちらも諸説ありますが、一説にはジャック(本来ウィルという名前でウィルオーウィスプにつながる話もあります)という悪行を重ねた人の話が有名です。

ジャックは悪行ばかり重ねて悪魔さえも口車にのせて、自分が死ぬ際は地獄へ行かなくて済むよう契約を交わしたのです。

当然ジャックは生前の行いが災いして天国へ行けず、地獄の門を叩いても契約したということで地獄へも行けず、風が吹き荒れる暗闇に放り込まれます。

真っ暗な道を灯すために灯りをくれと悪魔に懇願(哀れに思った悪魔が自ら火をくれたとされる話もあります)し、一筋の灯りをもらいました。

当時アメリカではカボチャが至るところにあったので、カボチャをくりぬき、そこにロウソクの火を灯すことで悪魔などから自分を守りながら、道を照らしたのです。

そして天国にも地獄にも行けなくなったジャックは今もどこかでカボチャのランタンをぶら下げてさまよっているそうです。

ヨーロッパの伝承ではカボチャではなく、カブだったようで、アメリカ大陸が発見されてからはカボチャに変わったということです。

おすすめの記事