少年隊の二人が師走にジャニーズ事務所を退所しますというお話をした矢先に今度は、その少年隊に在籍している現在大幹部となっている東山さんの上に立っている人の話題が全国ニュースとなっています。

現在事実確認や新体制となったジャニーズのコンプライアンスと鑑みて、事実であれば対処はどうなるかと週刊誌や世間が騒いでいます。

それに付け加えて嵐のメンバーにも、そうした不穏な話が取りざたされています。

今年に入って立て続けにこうした話題が続くとジャニーさんが居たらニュースにもならなかったかもしれないと個人的に思ってしまいました。

もちろん、それぞれ内容が事実であれば看過されるべき話ではないでしょう。

しかし私は違和感を覚えて仕方がありません。

名指しで書くのは失礼で嫌なのですが、事実として広く認知されているため敢えて書かせていただきます、内容が類似していますので。

TOKIOの山口さんの不祥事がありました、そして山下さんの不祥事がありました。

山口さんは、福島復興のため、その他の理由から、いずれTOKIO(新会社)に合流するであろうとされています。

山下さんは、先月ジャニーズとの契約を終了し、海外へ拠点を移す準備をはじめました。

そこで今度は嵐のメンバー内の騒動に、トップクラスの幹部の騒動と続いています。

どうしてこれだけ立て続けにニュースになるのでしょう。

もちろん何かしたなら明るみにという考えもありますが、それにしても何から何まで表面化している気がしませんか。

芸能界もビジネスですから、利害関係は大きく影響するでしょう、しかし好き嫌いに関わらずジャニーズが世の中に大きく影響を及ぼしてきたことは事実です。

そのジャニーズに嵐が吹き荒れているとしか私は思えません。

どこからか、業界の縮図が変わっていくのではないかという危惧さえ覚えます。

それぞれの過ちや不祥事を線で結び、交遊関係や先輩、後輩との間柄を考えてみると、何か見えてくることもあるかもしれません。

それについて言及する立場に私はありませんので、ここまでにしておきますが、何故今のタイミングなのでしょう。

そして、何故大幹部や休止予定のグループにそうしたことが起きるのでしょう。

こちらで名前が出ていないもしくは世間でも今は揶揄されていない大人気ユニットもいますよね、その辺りは何故普通に何事もなく活動できているのでしょう。

そういう人たちを尻目に、TOKIOは現在のジャニーズの縁の下の力持ちだと思うのは私だけではないと思います。

おすすめの記事