昨年まで11年連続出場を果たしていた国民的アイドルグループが今年の紅白から外されました。

この事について、かなり的はずれな意見が目立つのでこちらで考察したいと思います。 

理由の一つとして普段は握手会その他コミュニケーションを主として活動しているため、新型コロナ等の影響により、そうした活動が自粛されたためと言われます。

そこだけで紅白から外れるのでしょうか。

かなり疑問ですね、熱烈なファンからの支持は、そんなに希薄だったでしょうか。

もう一つ、紅白に出場するアーティストはその年を代表する曲が必要だから、それに見合う曲が無いとの見解。

これも疑問ですね、出場予定のアーティストの中には、みんな代表する曲言えますか?というアーティストもいらっしゃいますが…。

個人的には音楽プロデューサーの手腕、意図が一番影響するのではないでしょうか。

秋元さんが自ら外すのは少々考えにくいですが、何か意図があるのかもしれません。

初出場のアーティストの中にはNiziUや瑛人といった話題性のある人が選ばれているのは分かりますが、東京事変やJUJUについては、些か疑問です。

もちろんアーティスト性があるのは存じておりますし実力がある事も知っています。

ただ、今年の話題曲となれば、何でしょう?

鬼滅の刃の紅蓮華や炎のように、即答できる方がどれだけいるのでしょう?

デビュー10何周年ですか?それも今のタイミングは、どうなんでしょう。

東京事変も嫌いじゃありませんが、コロナの中でもコンサートを強行したことは記憶に新しいですよね、そういうことには厳しい意見を言うNHKだったとも記憶していますが、今の経営陣は違うのでしょうか。

ともかく東京事変やJUJUが初出場でさえ驚くのに、ジャニーズは話題曲も今年の代表曲も無くて出場アーティストに選ばれるとは、驚きしかありません。

秋元さんプロデュースのアーティストに言及することは普段は無いのですが、今年については疑問を感じましたので記事にさせていただきました。

まあ秋元さんからしてみれば今、力を入れているグループは、それぞれ入っていますので問題は無いのかもしれませんが。

話題曲であれば、今更ながら某局の国民が選ぶアニメソングランキングで1位に選ばれたアーティストは無視なのでしょうか。

今一番話題のアニメソングを抜いての1位でしたが…他局のことだから関係ないのかもしれませんけどね。

私の個人的な憶測ですが、11年連続で出場し数々の音楽の記録も打ち立てたユニットだけ残るのは問題なので、他のユニットの底上げをはかるというのが狙いなのではないでしょうか。

来年辺りには秋元さんプロデュースのバーチャルアイドルが名前を挙げるかもしれませんけどね、もう少し先ですかね、あちらはクオリティは高めですが、システムが粗削りなぶん、まだユーザーが少ないですし。

今年も地元出身のPerfumeが選ばれているのは喜ばしいことですね。

おすすめの記事