写真はイメージです

皆さんは、沖縄の各家庭で昔から飲まれているインスタントスープ『かちゅー湯』をご存じでしょうか。

かちゅーとは沖縄で【かつお】を意味するもので、それをお椀に入れ好きな調味料や薬味を入れることからかちゅー湯と呼ばれています。

『作り方』

1 お椀にたっぷりかつお節を入れます

2 味噌を大さじ1ほど入れます

3 青ねぎがあれば、適量入れます

4 熱湯を注いで1分ほど待てば出来上がり

以上が基本的な、かちゅー湯となります。

かつお節に含まれる良質なタンパク質が脂肪を効果的に燃焼することと、食事の前にかちゅー湯を飲むことで食べ過ぎを防ぐ効果もありダイエットなどにもお勧めなスープといえます。

他にもアレンジレシピとして以下のような組み合わせで飲まれる家庭もあります。

『作り方2』

1 お椀に厚削り節をたっぷり入れます

2 味噌を大さじ1ほど入れます

3 梅干しをほぐして入れます

厚みのある削り節の食べごたえと梅干しの酸味がほどよくマッチした飲み方です。

『作り方3』

1 お椀にたっぷりかつお節を入れます。

2 生姜(チューブでも可)を適量入れます。

3 しょうゆを大さじ1ほど入れます。

私が飲む際はこちらが定番で、実は昨晩も遅い時間まで作業に追われていたので、サクッと作って飲みました。

他にも生姜をにんにくに変えてみたり、塩胡椒とオリーブを入れるアレンジなどもありますので、お好みの調味料や薬味で新しいアレンジレシピを考えてみてはいかがでしょう。

お手軽簡単に手作りのスープが誰でもできる沖縄で古くから伝わるインスタントスープかちゅー湯を皆さんぜひお試しください。

おすすめの記事