私も名前自体は伏せていたにも関わらずとうとう名指しで出てしまいましたし、ご本人も活動自粛という事を公言されましたので実名で表記に変更しましたが、これで一層ジャニーズの嵐も吹き止む気配が無くなってしまいました。

東山さんからしてもテレビ番組内で苦言を呈されていましたが、毎回思うのは何故このタイミングということです。

今年は最後までこうした話題が続くのでしょうか、鬼滅の話題が全国を駆け回り右も左も鬼滅かと思えば、未だにジャニーズ関連のニュースは絶えることをしりません。

自宅に押し掛けてお酒を飲んだりしていたキムタクなどは、どう思っているのでしょう?今は新しい自動車メーカーのCMの顔として頑張っているところなので、それどころではないのでしょうか。

中居さんもジャニーさんの誕生日パーティーでの失態もあるでしょうから、あまり色々触れたくないかもしれません。

ただし、何かが起きたら長男だからとか後輩の面倒見が悪いとかは他の話なので違うと思いますよ。

後輩の面倒見が悪くてもお年玉くれるのはマッチでトシちゃんじゃないって話は巷にあった話です。

都合が悪くなったら長男だから、後輩の面倒を見ないからは理由が違うと思います、そこに女性関係の事は含まれていないので。

個人的な意見としては当時中森明菜さんのファンの一人だった私としては近藤真彦さんに確かに良いイメージはありません。

しかし、だからといってここで叩けば良いっていうのは違うと感じます。

確かに記事にしましたし、事実は事実として受け止めれば良いと思います、しかし関わる人たちが何人もいるわけでそうした人たちは何も語らないで良いのでしょうか。

中居さんも直接近藤さんからお聞きしたように近藤さんは、仕事は仕事、遊ぶ時は遊ぶ!として馴れ合いを好まなかったため、後輩にお年玉とか配っても馴れ合いはしなかったのではないでしょうか。

それにご本人も長男だからとか年長だからとかは、もう言われたくないと面倒だから放っておいてくれと言っていたはず、そういった言動がどこかの誰かの反感を買ってしまったのかもしれませんが。

近藤さんも内助の功である奥様と不妊治療の相談をしていた先生(杉山カー)所有のクルーザーで不倫をしていたというのも事実ならどうかと思いますが、先生もたまったものではないですよね。

それからIT社長とされているのはU-NEXT会長でしょうか、それとも会長の下で以前勤めていて会社設立時には資金の援助も受けた現サイバーエージェントCEOでしょうか。

こうした方々が周りにいながら近藤さんにきちんとした助言はできなかったのでしょうか。

週刊誌や記事によってはIT社長たちが結託して近藤さんの不倫をサポートしていたと書かれている向きもありますが事実誤認があればきちんと公の場で撤回されたほうがよろしいのではないでしょうか。

ことIT関連の実業家は、家族やパートナーなどとの関係性が希薄と言われることが多いわけですから、そうしたことからも自分たちが関係ないなら関係ないと、何か関わったのなら、これこれは関わったけど後は関わっていないとか、そうしたことも出さずに世間の風評任せならば、今回のように事務所が近藤さんを諭して自粛させたと同じく、後手後手に対応が回るのではないでしょうか。

最後に私個人としてましてもU-NEXTさんはビジネスパートナーの一つですから、こうした内容のニュースが飛び交うことは勘弁していただきたいのですが・・。

滝沢さんが副社長になられてからジャニーズはより一層こうした件については厳しく言及されておりますので、社名を記載したことはご容赦ください。

U-NEXTさんたちが関わった事実は無いとされるならば、その方が安心できますので、そうであることを願うばかりです。

おすすめの記事